最近の飛行機代は安い!格安航空券を活用した国内旅行の楽しみ方

- 飛行機が高いのは昔の話!

飛行機が高いのは昔の話!

国内を旅行しよう。そう決めたらまず悩むのが交通手段。みなさんは何で悩むのでしょうか。
バス?新幹線?自家用車?ここに一つ選択肢を追加してみませんか?
飛行機です。
航空券が高かったのは一昔前の話、今はお安く、短時間で日本を移動できてしまいます。
その筆頭が昨今話題となっているLCCですが、従来の大手航空会社であるJAIもまた、安価で航空券を提供していることを知っていますか?
今回はLCCとJALについて、飛行機を普段あまり利用しないという方向けに、簡単に紹介したいと思います。

JALは日本を代表する従来からの大手航空会社

その正式名称を日本航空(JAPAN AIRLINES)といい、最近台頭した低価格で航空券を提供するLCCに対して、レガシーキャリアと呼ばれる従来からの大手航空会社の一つです。
飛行機に乗ったことがないという人でも、その名前を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。

この航空会社ですが、LCCほどではありませんが、最近は安価で航空券を提供しており、国内を旅する際に、交通手段の候補の一つに入れても良さそうです。
では具体的にはどう言った具合に安くなっているのでしょうか。

『先得』がお得

国内線において、消費者の予約時期に応じて4段階の割引を設けています。
それが『先得』4つのプランですね。
いうならば早割運賃です。
予約する飛行機の登場日から数えて

  • 75日前
  • 55日前
  • 45日前
  • 28日前

の4段階で、値段が割引されるというものです。
時間的に早い段階で予約することでお安くなるというわけですね。
最大で83%もの割引が効くらしく、LCCに負けずおとらずの安価で格安航空券を提供しています。

LCCはどうなの?

LCCとはローコストキャリアのこと。
最近台頭してきた、航空会社の総称であり、LCCは格安で
LCCでは、サービスの簡素化や、機内設備の簡素化により圧倒的な格安航空券を提供しています。
それゆえに、サービスや、快適さの面ではレガシーキャリアに劣ることもあるものの、低価格ゆえに非常に人気があります。

加えて、LCCにおいても空席状況によって価格が上下する料金システムを採用しているため、ただでさえ安い航空券をもっと安くで購入することもできてしまうかもしれませんよ。

それでもバスや飛行機と変わらないんでしょ?

そんなことはありません。

まず飛行機を利用するメリットとして第一に、『時間の節約』を上げることができます。
安くなっても飛行機は飛行機です。
スピードは圧倒的ですし、目的地にも他の交通手段に負けず、ずっと早く着きますよね。一度飛行機とその他の交通手段でどれくらいかかる時間が変わってくるのか調べてみてください。
あっと驚くのではないでしょうか。

二つ目のメリットとして『金額の節約』ができます。
今の飛行機は上記にも書いたように、本当に安いです。
安いときのLCCなどの価格は、新幹線の価格にはもちろん、高速バスの価格にも負けないこともあるでしょう。
昔の「飛行機は高い」というイメージは一度捨ててもいいくらいです。

飛行機が高いなんてずっと昔の話

上記のように飛行機の航空券の価格は、昔に比べてずっと安くなっています。
新幹線や航空バスを使うのもいいですが、飛行機について何も知らずにいるのは少し損かもしれませんよ。
利用する利用しないは別にして、一度飛行機について調べてみてはいかがでしょうか。
自分で具体的な金額を調べてみると、あまりの安さに驚くと思いますよ。
慣れていないうちは使いに行くかもしれませんが、一度利用してみるとリピーターになってしまう可能性は大きいかもしれませんね。
少しでも交通費を安く抑えて、旅先で使えるお金を増やして旅をもっと楽しめるといいですね。